Meinir Gwilym (メイニール・グウィリム)
https://en.wikipedia.org/wiki/Meinir_Gwilym

2023/12
7年ぶりのオリジナルアルバム
Caneuon Tyn Yr Hendy
https://music.youtube.com/playlist?list=OLAK5uy_nUP8Gt9PZ3DqrVECqCAcEya9Ej9MWwj1Y&si=k3hZPmLSEo1dzT1n

2022/3/
デビュー20年アルバム。
Smocs, Coffi a Fodca Rhad 2022
デビューアルバムのアンプラグド再録と旧作のリミックス。
https://www.meinirgwilym.com/product-page/smocs-coffi-a-fodca-rhad-2022

2016/11/14 8年ぶりのフルオリジナルアルバムllwybrauがリリース

http://www.meinirgwilym.com/llwybrau-c


ウェールズのシンガー・ソングライター

1983年ウェールズ北西部のアングルシー島Anglesey(Ynys Môn)の小さな村Llangristiolus生まれ。

2002年にミニアルバム(EP) Smôcs, Coffi a Fodca Rhad でデビュー  その後3枚のアルバムをリリース。

カムリ(Cymru ウェールズの自称)でカムライグ(Cymraegウェールズ語)で作詞・作曲。地元のラジオやTVでも活動している。

http://www.meinirgwilym.com/

http://www.youtube.com/watch?v=WCdZcIOTsoc&feature=youtu.be

youtubeに多くの音源が出ている


Cheryl Ann Fulton を久々に聴いて、Welsh triple harp について調べているうちに、大御所Elinor Bennettの伴奏で歌う若い女の子に遭遇。

とくかく声の魅力。言葉がうたになる瞬間のマジックに引きこまれる。英訳見るだけでもなかなか鋭い内容だが、翻訳不可能な部分で、まさにこの言葉の歌ならでは表現にあふれている。意味はわからなくても脳に直接入ってくる歌。

まったく予備知識のない言葉だが、ことばとしての響きが実に心地よく伝わる。

Cymraeg(ウェールズ語)が危機に瀕した少数言語であるかとか、ウェールズの歴史とか、特別に興味は無かったが、いいきっかけなのでいろいろ調べてみた。どうやら、歌に特別の思い入れのある民族らしい。

日本でもウェールズについて詳しく紹介するウェブサイトがあるが、アーティストとしてMeinir Gwilymの名前は出てこない。英語情報もwikipideaとyoutubeくらいで少ない。
デビューして20年、地元では有名人のはずだが、英語で発信しないので、知られていないということか。

日本語情報が(検索した限り)ほぼ無いので、とりあえずこのページをつくっておく。

Yahoo!ブックマークに登録 Google ブックマーク
clip!